入職したての看護師

入職したての看護師は直接介助から仕事に就きます。器械の名前を覚える事から始まり、針に糸を通す練習、手洗い、器械の渡し方、清潔・不潔の概念をしっかり勉強します。ある程度の知識と練習が備わってから患者さんに関わる事になります。

患者さんを見ると言うよりもどちらかと言うと手術の進行を把握し、その時にDrが欲している器械を察知して準備、渡す様にしなくてはなりません。Drが謝って少し太めの動脈を切ってしまう事もあります。その時には止血に必要な物品を準備し渡せるようにしなくてはなりません。ただでさえ、組織を損傷し焦っているDrをイライラさせない為です。

手術の始まりと終わりには器械、ガーゼの数をしっかり確認し、誤って体の中に残らない様にしなくてはなりません。閉創後レントゲンで確認する手術もありますが、もし体に残っていれば再度傷を開かなくてはなりません。それは避けなくてはいけません。

又、不潔操作と言って腸を切る際にはそこで使用した器械は清潔分野では使用できないので分ける必要があります。

Posted under Uncategorized

看護師の勤務実態

私の友達には看護師をしている人が沢山います。私は本当に素晴らしい職業だと思っています。でも彼女達から看護師の辛さや苦労の話を聞けば聞く程私には絶対にできない職業だと思いました。私は看護師に対して間違った知識をずっと持っていました。看護師は体力は必要ないんだとずっと思っていましたが、むしろ体力がないと働けない職業だと分かりました。体力と精神的な強さがないと駄目なんだと友達から聞いて分かりました。とにかく毎日笑顔で対応しないといけないと聞きました。それが時々苦痛に感じる事があると聞いた時はビックリでした。それから夜勤勤務になる前日の日にはリズムを夜型に変えないといけないので、生活リズムの調整をするのが大変と言うのも知り本当に大変だなと思いました。日勤から深夜勤務に変わりなおかつ10時間以上勤務と言う事が頻繁にあるらしくとても体力がいると言っていました。そして仮眠もちゃんと取れないので睡眠不足になりがちでなかなか日々の疲れが取れないと嘆いていました。失敗が許されるような職場ではないので、常に精神状態は張りつめている状態です。私は聞いただけでも辛さが伝わってきました。そしてそんな生活リズムなので、異性とお付き合いをするような余裕もできずにストレスだけが溜まっていくと語っていました。だけどやっぱり患者さんから「ありがとう」と言って貰える事が何よりも喜びだと言っていたので、看護師をしている人達は本当に立派な人達だなと思いました。

看護師 パート

Posted under Uncategorized